プロフェッショナルに絶対必要な
高演色モニターとDTP専用メガネの最新情報



◆普通のブルーライト用メガネはDTPに不適格!!


 DTP用メガネの情報を日本で初めて掲載してから数年が経過しましたが、未だに正確な情報が良く知られていない現状があります。


DTP/CG/WEBクリエーターに適さないパソコン用メガネ




 「どうせ印刷と画面の色が合わないから、画面の色が少しぐらい違っても大丈夫では?」
と考え、DTP用でなく安易にPC用やブルーライト用メガネを使用されている場合です。

 内々なら許されるかもしれませんが、クライアントさんと本紙校正の打ち合わせやプレゼンでの使用は如何なものでしょうか? そこそこの費用をねん出するクライアントさんが、容易に色を妥協されないことは周知の事実かと思われます。
 
 最大の問題は「色ズレ」です!!

 DTP作業で一般的な「ブルーライト用メガネ」を使用するとカラーバランス、特に白がわからなくなるので業務に支障が生じます。モデルさんの微妙な顔の色やハーフトーン、色調の多いグラデーションなど全てに影響が出ることでご相談に訪れる方が後を絶ちません。

 確かに現在のDTPにおける最先端の流れは本当に便利になりました。「ICCプロファイル(ディスプレイ画面や印刷用プリンタ等の色に関する個別の特性が記述されたデータ)」を利用して、画面とプリンタの色の特性データをディスプレイに高精度に反映できます。

 このデータを基にカラーマネージメントを行うと、作業者の個別特性やランダムな要素を排除できるために厳密な色あわせが行えるものです。ですが最終的に確認するのはヒトの目であることを忘れてはなりません。当店では「色ズレ」対策だけでなく、画面サイズや輝度に応じたDTPに最適なレンズをご用意しています。

 
◆標準でブルーライト低減の液晶モニター出現!!

 NECのMultiLSync PA242シリーズはDTPをはじめCGや医療、画像処理用として業界地図を塗り替える画期的な高演色モニターです。

 バックライトのLEDはGB-R/LEDと呼ばれ、1つのセル内に緑と青のLEDで赤の蛍光体を励起して3色で加色法的に白色光を作る構造になっています。

 その結果ブルーLEDだけに頼る擬似白色LEDと比べてブルーライト領域の出力レベルが少なく、緑も赤も発色が良いのでRa値が90(B-Y/LEDは70程度)と著しく、AdobeRGBを99%以上カバーする演色性能が高いものです。

 このモニターのスペクトルを抽出し、DTPで使用するモニターはこれしかないと思っていたら、まもなく新製品(MultiSync PA242W-B5)が出ると聞いていたので早速入手しました。メーカーの製品情報を読めば読むほど引き込まれる斬新な機能に驚かされます。

 特にバックライトのムラを均一に補正する機能である「Uniformity」の効果は大きく、画像の細かいディティールやグラデーションが隅々まで滑らかに出ています。その他にもRGBの14bitガンマ補正機能やフリッカー対策機能、各種エミュレーション機能など満載です。

 一般に「ブルーライトを下げたら画面の青みが下がるのではないか?」と思われていますが、このモニターは画面の色調が全く変化していません。むしろ一般的なB-Y/LED液晶のように、標準モードとブルーライト補正用モードを切り替えて使用するモニターでは完全に色調が変化してしまいます。

一般的なB-Y/LED液晶モニター画面

通常モード





ブルーライト・カットモード


色調が変わる

最新のGB-R/LED液晶モニター画面

ブルーライトが大幅に少なくても通常モード


色調が変わらない

 これはブルーライトをカットする色調変換ソフトウェアを使用するときも全く同じです。

 色彩を扱わない作業でしたら問題ありませんが、この「ブルーライトモード」でDTP作業することはためらってしまいます。



◆ブルーライトを含む可視光全体(フルライト)の最適化が重要!

 目の感度特性である標準比視感度が最も高いのは明所視で555nmであり、LEDの分光特性(GB-R/スペクトル)との積が視表値である光束のスペクトル(左図の黄色の領域)となります。

 ブルーライト低減モニターの光束ではピーク領域が520nm付近なので比視感度のピークに接近しており、画面はけっこう明るく感じます。

 キャリブレーション後の画面は輝度調整できないのでやはりメガネで明るさ調整する以外の手段がありません。DTPにしてもCGやWEB製作の場合、ブルーライト領域を含むフルライト(可視光=380~780nm)の適切な減光を考慮する必要があります。

 広告などで「ブルーライトだけカットしたら目が楽になる!!」と思われがちですが、このブルーライトが低減されたモニターに出会ってから事実と違うことを強く認識しました。店内にPA242W-B5を常設していますのでご覧いただければ納得できます。

 強い光は青でも黄色でも赤でも目に良くありません。また連続して画面を見続ける作業は疲れてくると苦痛になることもあります。ですから使用するモニターや表示デバイスに応じて適切な対応が求められるのです。

 また単に画面の明るさだけでなく、画面に表示される僅かなディティールが鮮明に見える視度補正も重要です。それは文字入れだけに限らず、線の太さやドットの修正にも影響します。


◆J-EYEの推奨するDTP用メガネとは!

1.両眼視測定により長時間の画面作業に最適な視度補正
2.実物のDTP用高演色LED液晶モニターを使用して装用テスト
3.モニターの特性に合わせたカラー濃度の最適化
4.フルライト(可視光全体)のマネージメントレンズご提案


を実践しています。
これまでご使用されていたパソコン用メガネでDTP作業やCG製作でお困りの方がございましたら是非とも当店にご相談下さい。


 当店で販売するメガネは、SS級認定眼鏡士がご要望によりすべてパソメガ®測定を実施しておりますので、上記のようなお悩みがございましたら是非当店にご相談下さい。




科学的な根拠をもとにスマホ用メガネを最適化!



DTP・CG用メガネはぜひ当店にご相談下さい!!
メガネショップJ-EYE/川崎市・武蔵小杉
TEL 044-434-8888





世界初 当社で開発したPasoMega®/ パソメガ®で


メガネショップ J-EYE



当店ではパソコン用メガネはIT系に精通したSS級認定眼鏡技術者資格取得者がご相談に応じておりますのでかなり専門的な内容のご質問もお受けしております。


ここで記述されている内容や図表の多くは株式会社ジンボで製作された著作物です。
最近当社コンテンツを「引用」の表示もなく無断で転載している企業がありますが、法に抵触しますのでご注意ください。
著作物の著作権は株式会社ジンボに帰属しますので当社に無断での使用を禁止します。
Copyright(C) 2007 JIMBO Co.,Ltd. All rights reserved.