JR武蔵小杉/向河原駅前
TEL 044-434-8888
 HOME | 店舗ご案内 | メガネ | サングラス | PC用メガネ | 深視力測定 





世界初で世界唯一!!
HEVカット率の
測定システムを開発!!

ご使用メガネの
UV420カット率測定します!!



高機能化と高性能化の開発が続いている!!
第2世代UV420レンズとは

ただの「紫外線(UV)カット」だけでなく、
旧式のブルーライト用でもありません!

 生活環境に含まれる
 1.「紫外線(UV)」
 2.「高エネルギー可視光線(HEV)」
 
3.「近赤外線(NIR)」
 をブロックするレンズのことです!!

(「ブルーライト」は「HEV」帯域に含まれる波長帯です)

旧式のブルーライト用では無防備だった
眼に最も影響のある411nmを防ぐとともに
光老化の原因とされる近赤外線もカットする
最新技術のレンズが開発されました!!

セイコー・フロンティアの高品質な性能を
解析しておりますので店頭でご覧ください!!






美ケアコート(近赤外線カット)により
UV(紫外線) + HEV + NIR(近赤外線)
高性能トリプルカットを実現しました!!




★リーズナブルにトリプルカット!!
「美ケア」レンズは単体でも販売されており
UV420加工(+\4,400)でトリプルカットOK!!

パソコンやスマホだけでなく、LED照明での使用や液晶テレビ視聴等で効果を発揮します!! 
特に着色をしたUV420度付サングラスは、従来のどの製品よりもUVカット性能が優れています。

ただし、着色されていない無色UV420カットレンズは濃いサングラスのように太陽光を減光できませんので眩しく感じます。運転やスポーツなどの場合は減光するための着色が必要です。

420nmカットでルテイン保護


 HEVは加齢黄斑変性の原因となる黄斑部に存在する色素・ルテインにダメージを与えると言われており、単純なブルーライト用レンズでは対応できません。
 高分子化学素材の総合メーカー「三井化学」からMR6という素材が開発され、ルテイン保護に繋がる420nmまでの可視光線を抑制することが可能になりました。
 眼鏡業界の常識を変える第3世代UVカットレンズの到来です。



 当社開発のスペクトル分析システムでUV420のブルーライト特性を調査した結果、445~465nm帯域では古いクリア・タイプのブルーライト用レンズと遜色のないカット率を示していました。



となります。この分析で明らかなように、UV420のブルーライトカットを否定すると旧タイプ・ブルーライト用レンズもカット効果が無いことになってしまいます。

 分光器という特殊な分析装置で調べればその性能は詳細
に分かりますが、
科学的分析を一切しない業者から執拗に「UV420はブルーライトをカットしない!!」というデタラメなガセ情報が出されていますが、事実と大きく異なる内容につきご注意ください。

 最も重要なことはブルーライト領域の最も目に影響のあると言われる420~440nmの分光特性です。



 旧タイプのブルーライト用レンズとUV420では200~250%もの性能差が出ていることが分かります。日本だけでなく、HEVレンズは海外でも非常に注目されています。


超UVカット以外のブルーライト用メガネの屋外使用はご注意!!


 従来のブルーライト用メガネをサングラスと同等と思って使用されている場合があります。UV420カットや高エネルギー可視光線(HEV)対策されていない、旧式のブルーライト用やJIS基準に準拠していない原産国不明のブルーライト用メガネの屋外使用はご注意ください。

 特に子供さんの場合、水晶体は大人より透明度が高く、紫外線(UV)や高エネルギー可視光線(HEV)対策の無いブルーライト用メガネの過信は危険です!!

 日本医師会が企画した日医ニュース「健康プラザNo.440」に紫外線の影響について記載されている記事があります。
 その中で最も重要な内容は子供における影響で、
1.大人よりも紫外線にさらされている。
2.紫外線に対する感受性が強い。
3.紫外線の影響が蓄積され、大人になってから影響が出る可能性がある。

等の点が指摘されています。
 公益社団法人・日本眼科医会でも「紫外線障害」について詳しい記載がされています。
 一方でメガネ業界では東海光学のホームページでは世界保健機構(WHO)の見解をもとに「外で活発に遊ぶ子供達だからこそ紫外線対策が必要」と解説されています。
 このように大人も子供も紫外線対策は世界中の共通認識であり、揺るぎのない常識と確信しております。

 その他「子供と紫外線」に関する注目サイトはこちらです


 PC用にも屋外用にも安心して使用できる超UVカットレンズは「UV420」シリーズのような高エネルギー可視光線(HEV)対策レンズが必須です。



UV420レンズの特徴

超紫外線カットレンズUV420には、一般のブルーライト用レンズに無い高機能があります。
  1. 超紫外線(UV420)カット
  2. 高エネルギー可視光(HEV)カット
  3. ブルーライトカット
  4. 着色感がほとんど無い
  5. キズ防止コート処理
  6. 裏面反射の無いマルチコート処理
  7. アイメイク・カラーに影響を与えません!!
その中でも特筆すべき内容は
青くギラつかないマルチコートが標準

 旧式クリアタイプ・ブルーライト用レンズの表面がややギラつくブルーの反射光が目に付きますが、UV420はレンズ素材で光を吸収するので裏面反射の無い通常のマルチコート処理されています!




UV420は目元が美しくなります!!

 青い反射光が無いため目元すっきりでお顔の見映えが良くなり、アイメイクのカラーに影響を与えません。これまで人前でブルーライト用メガネを掛けるのをためらっていた方は是非ともUV420レンズをお勧めします。
 さらに写真を撮られるときに、フラッシュを浴びても激しいハレーションが出ない等のメリットがあります。






HEVカット率測定システム開発!!
またまた世界初!!

川崎市/武蔵小杉のIT系メガネショップJ-EYEは、
現在ご使用のブルーライト用、あるいは普通のUVカットレンズと超UVカット「UV420」の性能差がどの程度違うか調べるための、コンピュータ分析システムを世界で初めて開発しました!!




UV用やブルーライト用レンズの高エネルギー可視光線(HEV)透過率を測定して超UVカットレンズを購入できるメガネ店は、世界中で当店1店だけです。

2018/かながわ産業Navi大賞で
当社開発のHEV分析システムが優秀賞受賞!

神奈川県で最難関のコンテストに上位入賞!! 眼鏡業界日本初!!
  



古いブルーライト用メガネに
 無防備な411nmカット機能!!


 当社開発のPC-SPECTRUM64/HEV2で分析したところ、420nmのカット率が旧ブルーライト用とUV420でその差が極度に違うことが判明しています。
ルテインに影響する411nmカットのUV420レンズと、411nm光を透過してしまう旧式ブルーライト用とで重要な波長帯域において270%もの驚異的な性能差がお分かりでしょう。



重要情報!! UV420でもメーカーによってカット率の違いが判明しました。当社では詳細な分析によりお客様の目的に最適なUV420レンズを販売しております。詳細情報は「超UV徹底研究」に記載しておりますのでご覧下さい!!


重要情報!! UV420とUV400のサングラスを測定した結果、ルテインに影響の有る411~420nmの性能が大きく異なることが判明しました。詳細情報は「超UV徹底研究」に記載しておりますのでご覧下さい!!





ユーザーレビュー
UV420レンズご購入のお客様のお声を戴いております!!

大手IT系のOLさんより...
 「毎日、朝から晩まで会社のパソコンに向かって仕事しています。度数が変わってきたのでいつもお世話になっているJ-EYEで検査してもらっていたら、マネージャーさんが「目元が美しくなるブルーライト用が出ましたよ!」の一言でこれに決めました。
 これまでレンズ表面のコーティングが青くギラつくのがいやで、いつもレンズの色と好きなメイクカラーがしっくり合わなくて気になっていました。
 このレンズにしてからアイメイクで気になることが無く満足しています。しかもあの青ビカリしていたブルーライト用よりもすべての性能が高いと聞いてビックリ! もうPC女子はこれしかありません。同僚にもUV420を勧めています!! J-EYEさん、本当にありがとうございました!


大手食品関係店舗にお勤めのお客様より...
 「勤務先のLED照明が眩しくて目が疲れやすかったのですが、勧められたUV420レンズにしてから目の疲れを感じにくくなりました。特に以前使っていたブルーライト用よりも色味の変化が無いので安心です。普通のブルーライト用では白い食パンの表面がなんとなく黄色っぽく見えて困っていましたので、持ってるメガネをすべてUV420レンズに換えて正解でした。」

照明デザイナーさんより...

 「仕事柄多くのLED照明も見ますし、1日中パソコンも見ていますがUV420に換えてから本当に目が楽になりました。J-EYEさんはLED検定も取得されているので、こちらの専門的な話を理解していただけますから安心してお任せできます。」

バスの運転手さんより...
 「市内を走るバスの乗車中は、規則でサングラスを使用できません。ですから日差しに対して強力な紫外線カットレンズでないと不安でした。深視力を測定してくれるJ-EYEさんのお勧めでUV420カットレンズにしてから目が楽で毎日安心して仕事しています。本当にありがとうございました。」

近隣IT企業のSEさんより...
 「UV420カットにしたら、以前使っていたクリアタイプのブルーライト用メガネとあまりにも見え方が違うため、J-EYEでHEV測定してもらいました。すると案の定、人が感じる光の最もエネルギーの強い青色帯域が従来品より50%もカットされているではないですか! しかも色味が黄色っぽくないので画面の色が変わらずに眩しさが軽くなったようです。UV420の宣伝はそれほど派手ではないですが、これなら確実に我々のような眼を酷使する労働者に受けると思います。それにしてもJ-EYEさんは、メガネ店なのにすごいIT技術を持っているので驚きました。うちの会社でも話題になっていますよ...」

白内障術後のお客様より...
 「この春に白内障の手術をしました。手術後に目が眩しくて疲れるものですから病院で相談したら、お医者さんから『しっかり紫外線をカットするレンズを選んでもらってください!』と言われました。そこでJ-EYEさんで色付の外出用と透明な室内用に新しいUVカットレンズを購入しました。おかげでだいぶ楽になりました。うちの大きな液晶テレビを見るときも楽で、特に室内のLED照明がチラつかなくなって驚いています。」

続々と追加情報UPします!
ご期待下さい!!


超UVカット・メガネは当店にご相談下さい!

 当店ではソフト開発もこなすSS級認定眼鏡士が、両眼視測定と自社開発のパソコン用メガネ選択システム「パソメガ®」の数値分析により、次元の違うコンサルティングでPC作業用レンズ最適化のご提案を行っています。ソフト開発やEXCEL作業で目が疲れる方は是非ともJ-EYEにご相談下さい。



8~24inchのモニターを実際に使用してPC用メガネを測定します!
「PasoMega®システムの詳しいページを作成しました。

当店では上記の各種分類に適したレンズを各種ご用意しております。パソコン用メガネはIT系に精通したSS級認定眼鏡技術者資格取得者がご相談に応じておりますので専門的な内容のご質問もお受けしております。


川崎市/武蔵小杉・向河原
メガネショップ J-EYE

TEL 044-434-8888

CAUTION●
ここで記述されている内容は株式会社ジンボで独自に企画製作された著作物です。
著作物の著作権は株式会社ジンボに帰属しますので
当社に無断での使用を禁止します。
最近当社のスペクトル分析結果のグラフを当社に無断で使用し、
しかも全く異なる内容の解説をしているサイトがありますが明らかに
著作権法に抵触します。
このような悪質な場合は法的措置を講じますのでご注意ください。
著作物は著作権法第2条により法的に保護されています。
Copyright(C) 2018 JIMBO Co.,Ltd. All rights reserved.


 ▲TOP