J-EYE/ブルーライト徹底研究
「肉眼で見られる全光束の計算とは?」


●ブルーLEDを世界で初めて実用化した日亜化学様の関連ホームページに肉眼で視認できる全光束の計算式が掲載されています。

 肉眼で実視できる全光束は波長380nm~780nmまでですが、たとえばブルーライト領域だけの計算では区間380nm~495nmまでの積分で計算できますので、他のスペクトルと比較計算すればその領域同士の比較が可能です。

 減光率τを各波長に対する関数τ(λ)とすると、ある減光フィルターあるいは減光カラーレンズを装着した場合のLED画面に対する全光速Φv2は

 Φv2[lm] = Km τ(λ) Φe(λ) V(λ) dλ
となります。
( ただし ∫は積分記号[インテグラル]、積分区間はλ=380~780まで)





世界中で当店1店だけの最新技術!
液晶画面スペクトルを測定して
メガネレンズを最適化します!


新開発!
 PasoMega®PC-SPECTRUM 64


科学的な根拠をもとにパソコン用メガネをご提案!



パソコン用メガネは当店にご相談下さい!!
メガネショップJ-EYE/川崎市・武蔵小杉

TEL 044-434-8888



「パソコン用メガネ総合情報サイト」 はここをクリックしてください!!



メガネショップ J-EYE



当店ではパソコン用メガネはIT系に精通したSS級認定眼鏡技術者資格取得者がご相談に応じておりますのでかなり専門的な内容のご質問もお受けしております。


ここで記述されている内容や図表の多くは株式会社ジンボで製作された著作物です。
最近当社コンテンツを「引用」の表示もなく無断で転載している企業がありますが、法に抵触しますのでご注意ください。
著作物の著作権は株式会社ジンボに帰属しますので当社に無断での使用を禁止します。
Copyright(C) 2007 JIMBO Co.,Ltd. All rights reserved.